バラ

喜寿とは77歳になった人々を祝う事であり、喜寿祝いは77歳になった時に行われます。

喜寿を祝う場合、贈り物をするのが一般的であり、喜寿祝いに最適なメッセージとプレゼントを選ぶ事が大切です。

この祝い事の由来は、「喜」の草書体が七を3つ重ねた形になっており、これを横に並べる事によって七十七と読めるところから来ています。

長寿祝いの色はです。長寿祝いの色が紫である事から、贈り物も紫に関連がある物を贈るという考え方も出来ます。

しかし、近年では、家族で楽しめる物を贈ったり、マッサージ器のように体の疲れをほぐすような機械を贈ったりといったようにプレゼントも多様化しています。

喜寿祝いに合った定番の贈り物として考えられるのがメッセージを添えた花束です。

生花は花の美しさと季節感を最も強く引き出す事が出来ますが、植物ですので花を綺麗に咲かせておくのには限界があります。

プリザーブドフラワーであれば、生花のように枯れるという事が起こらず、保存環境がよければ長く飾っておく事が出来る利点があり、生花と比較しても瑞々しさを保てます。

破損し易いという弱点は、リアル造花やドライフラワーを組み合わせる事で補完させられ、その組み合わせによって飾り方を工夫する事が出来ます。

瓶

名入れギフトというのも人気があります。

名入れギフトは、お酒のラベルにオリジナルのメッセージを入れてもらったりする事で、メッセージとプレゼントを同時に贈る事が出来るメリットがある贈り物です。

77歳であれば、お酒が好きな人々が多いですので、このような名入れのお酒を贈るというのも良い選択肢です。

名入れギフトはお酒の瓶のラベルだけではありません。万年筆などの筆記用具に入れる事も可能です。

特別な日の贈り物としては万年筆も人気があり、日頃から物書きをする相手であれば、筆記用具の名入れギフトは効果的なプレゼントです。

旅行券

喜寿祝いでは他に旅行をプレゼントするという事も行われます。温泉や食事などが贈り物としては考えられます。

素敵な思い出作りをしたいのであれば、旅行券を贈るのが良いでしょう。

平均価格としては5万円前後であり、この金額であれば、大体の場所へ旅行して泊まる事が可能です。

温泉や自然豊かな場所でゆっくりとしてもらえば、自宅でゆっくりとするのとは違って思い出作りが出来ますので楽しんでもらえます。

健康グッズとしてはマッサージ器が人気です。

マッサージ器は多機能な物が登場しており、使用者の体の状況に合ったマッサージの仕方によってマッサージをしていきます。

長年の体の凝りをほぐしていく事で、睡眠がし易い環境作りが出来ます。

足が冷えやすいという人にはフットバス、テレビを観ながらマッサージをしたいという人にはマッサージチェアを贈ると良いでしょう。

喜寿祝いは、これからも長生きをして欲しいという願いを込めて行われますので、それをメッセージや贈り物として表現する事でお祝いが行えます。

 

77歳向けプレゼントの参考記事→喜寿祝いについて