大麦

基本的なビールの原料は麦芽と酵母、ホップ、水になります。

大麦を発芽させた麦芽を利用しているものがほとんどです。

しかし製造される国のお酒についての法律や文化によって麦芽とは異なる副原料を利用することがあります。

日本では酒税法の都合で副原料としてトウモロコシや米などが利用されているのです。

主なビールの原料の1つが麦芽で大麦の他には二条大麦などが利用されることがあります。

日本の国内では二条大麦は関東地方や九州など割合広い地域で生育していますが値段が高いのでほとんどは海外から輸入した大麦を利用しているのが実情です。

二条大麦は殻皮が薄く粒の形状や大きさが揃っていて、その粒が大きいのが特徴になります。

更に二条大麦は発芽させたときの酵素の働きが活発で充分に発酵しエキス分とでんぷんが豊富に含まれていてタンパク質の量が少なく抑えられているといった醸造に適した条件を幾つも満たしているので最も優れているといえる品種です。

酵母はイーストともいい単細胞性の真菌類のことを指します。

ビール

どんな酵母を入れるかにより風味が全然違ってくるのです。

穀類から酵母の作用で糖が代謝されることにより炭酸ガスとエタノールが生成します。

このことにより麦芽を煮た汁がビールに変わっていきます。

原則としてペール酵母とラガー酵母に大まかに分類されますが更に何百種類に細かく分類できそれぞれ特徴や特性が異なるのです。

利用する麦芽や発酵する温度によりどんな種類の酵母を利用するのかが絞り込まれることになります。

ホップはつる性の西洋唐花草と呼ばれる植物です。西洋唐花草の受精していない毬状の雌花を利用します。

お酒にホップを入れることによって香りや風味がつき保存性が高まる作用もあるのです。

種類としてはビターホップとアロマホップがありビターホップは苦み加える役割がありアロマホップは華やかな香りがする分苦みは抑えられています。

そしてビールを澄ませたり腐るのを防いだり雑菌が増殖するのを抑制したりするのもホップの役割です。

今現在使われているホップのほとんどはドイツなどから輸入してきたものになっています。

水

ビールのほとんどを占めているのが水なためどんな水を使うのかというのは香りや味にとても大きく影響することになるのです。

水に含まれているミネラル成分に差があったり、水質に適しているお酒も違ってくることにより産地による差がとてもはっきり分かれることになります。

副原料は大麦麦芽の代用品に使うものと風味や香りをプラスするために使うものに分かれます。

大麦麦芽などの代用品に使うメリットとして挙げられるのは日本では酒税の課税率が低くなることと経費が削減できるというものです。

大麦麦芽の代用品にはトウモロコシや米の他に発芽していない大麦や小麦麦芽、発芽していない小麦などが使われます。

風味や香りを加えるために使われるのがハーブやスパイス、フルーツなどで普段からビールを飲まない人にも好まれるというのがメリットです。